八戸 きもの処きこう

八戸の着物、呉服、和雑貨のきこう(喜好)ホームページです。 日本人の持つ和の心。侘・寂、粋。 日本の心・美しい和文化を、きものを通してお伝えいたします。

関連アーティストのご紹介

きこうでは、和文化に関係する方は元より、異なったジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に行っています。
装うためのきものだけでなく、それを作る職人の息吹や情熱などもお伝えして行きたいと思っております。

高橋みのる(トイ・アーティスト)

昭和34年、青森県八戸市生まれ。日本大学工学部卒業。
趣味の作品で「朝日創作おもちゃコンクール」4年連続入賞、「第5回ハンズ大賞」稲本正(いなもと・ただし)賞を受賞。
青森県立三沢(みさわ)航空科学館「木のからくり飛行船ACT-G号」を制作。現在、八戸市博物館「からくり工作教室」講師。

高橋みのる「からくり工房・工遊館」
http://www.karakuri.jp/

*きこうの展示会等にご協力、ご出品頂いてる方です。

洛北染人 橋村 重彦(京友禅・手描き友禅染)

京都府生まれ。株式会社 高橋徳別家独立。

横浜シルク博物館入選。

「花脊友禅」の技法表現を考案し、東京銀座ポーラ美術館・京都文化博物館をスタートに多くの方々に友禅染の素晴らしさを伝える手段に数多くの古典を発信。

また、近年は、京友禅染の技法を杉板に表現したWOOD友禅を考案。
木材の年輪の素晴らしさと、友禅染の糸目糊の繊細さを知って頂きたく精力的に活動中。

中村 勝雲(染色工芸作家)

長野県生まれ、名城大学農学部にて、花と鳥の研究に従事。

1974年より、染織工芸師 上野正晃氏に師事と同時に、京都芸大教授 木下彰氏に日本画を学ぶ。

1977、78年と、2年連続「羽衣賞」受賞。

1993年、「くらしのギャラリー(LA)」出展ホテルニューオータニ大阪及び同ホテル幕張の絵画制作を手がける。

1995年、誕生花きものシリーズ発表。

以降、個展を重ね、2004年、美術年鑑に染織工芸師として掲載。

金沢 昌樹(トイ・アーティスト)

1977年、青森県八戸市生まれ。
2002年、高橋みのる氏主催の「からくり工房・工遊館」に弟子入りし、三沢航空科学館エントラモミニュメントの制作に携わる。
2006年、カナダ・トロワリビエール市での「高橋みのる個展・からくり旅行」の記録サポートアシスタントを務める。
2010年、八戸ポータルミュージアム「はっち」のからくり獅子舞の製作に携わる
2011年、八戸ポータルミュージアムにて個展を開催。 現在は独立し、木のからくりアーティストとして作品制作を行う

*きこうの展示会等にご協力、ご出品頂いてる方です。

きこうオリジナル小袋帯「亀好帯(きっこうおび)」のご案内 和雑貨・和装小物 橋村重彦「WOOD友禅」 車を和柄でおしゃれにアレンジ!カーアクセサリー「KEYKOU」のご案内 和雑貨

東京 深川にサロンが誕生しました。
日本ならではのもの・ことをもっと知らせたい、広めたい。 そんな思いから生まれたサロンです。


ページトップに戻る